SWEETS by NAKEDで学ぶ、お女子のお喜ばせ方ポイント

よみものSWEETS by NAKEDで学ぶ、お女子のお喜ばせ方ポイント

掲載日:2016/12/27 17:02

SWEETS by NAKEDで学ぶ、お女子のお喜ばせ方ポイント

こんにちは。山田です。

みなさん、お菓子・・・もとい「スイーツ」はお好きでしょうか?

リアルお菓子の家ならぬ、スイーツの街が体験できると巷で話題の「SWEETS by NAKED(スイーツバイネイキッド)



 

女子たちの声をTwitterで検索すれば「きゃわゆ〜い♡お菓子たちに囲まれて幸せえぇぇ」「アイスがおしゃべりキャワワッ!」「可愛いよぉ、全てが可愛い。もう可愛い。あふぅ

と、このように甘ぁ~い感想で溢れかえっております。

 

 

そう「SWEETS by NAKED」は、お女子様お喜ばせ大作戦の最前線スポットと言っていいでしょう。

そんな「SWEETS by NAKED」を利用して、全国の男子があまーい夜を過ごせるよう「お女子様お喜ばせポイントby おもキッド」をお送りいたします。

※ちなみに、2016年12月1日(木)~2017年1月9日(月・祝)まで、表参道ヒルズ・スペースオーにて開催。

イベント展示の詳細については、よそでどうぞ!

 

 

まずは、気になるお女子様に「SWEETS by NAKED」のURLをお送りお誘い。

「○○に誘われたんだけどw」となんだかんだ言いながら、今話題の「SWEETS by NAKED」の魅力には勝てず、無事約束を取り付けることに成功するでしょう。

 

 

いざ!「SWEETS by NAKED」



お女子様へのエスコートは入場から、まず大きな2択を迫られます。



チケットは2種類。

鑑賞のみのチケット(1400円)か、鑑賞+2種類(チョコ・アイス)のスイーツが食べられるチケット(3400円)のいづれか。

※アイスはBEN&JERRY'S(ベン&ジェリーズ)、チョコはHUGO&VICTOR(ユーゴアンドビクトール)どちらも表参道ヒルズ内に店舗があります。

 

 

まず、悩むのがどちらのチケットを購入するか?だと思いますが、鑑賞のみでサラッと帰ってOKなのは「女子同士」or「いい感じのカップル」だけ。

「お女子様お喜ばせ」では、Wスイーツチケットセット一択です!



え、あぁ・・・。






分かりますよ。

チョコもアイスも、歩いて2,3分のところに店舗ありますよね。

 

 



 

そこならチョコが300円くらいで、アイスは360円。

なんならアイスはTSUTAYAにも売ってますよ。

それらをなぜ、2000円出してまで・・・って言うんでしょ?

 

 

 

なぜ?って・・・・

 

 

 

それが女子でしょ!?

 


 


 

「アイス喋ってるかわいいー。うふふっ。」

って言いながら、その場でアイスが食べたいんですよ。

 

 

3分歩いたら終わりなんです。 

そーやって、映画館のポップコーンもケチってるから、これまでお女子様をお喜ばせ出来なかったんじゃないでしょうか?

 

 

ここで一句「お喜び それはコスパの 先にある」

 

 



 

うんうん、そうだね男子諸君。

表参道ヒルズのスペースオーってお世辞にも広いとは言えないんですよ。

その1/3をアイスとチョコスペースに占拠された小さい展示スペースで1400円。

鑑賞のみでも、ノースイーツ男子には120%高いと感じると思いますけど、大丈夫です。




そーゆーんじゃないんで。

 

 

入って「かわいいー!

そんでもって良い感じの写真が撮れればOKですから!

さぁ行きましょう!

 


 


 

チケットをもぎられ、入口すぐのパネルはお写真スポットの1つ。

撮影したがるお女子様も多いハズ!

カメラマンとしてご協力できるよう、お女子様のご様子を伺いながら入場。

 

 

ちなみに、お女子様はこの時お菓子の街に入った感でかなりテンションが上がっているので、あなたとの会話なんて1ミリも覚えていません

なので、特に話しかけたりせず暖かく見守りましょう。

 


 


 

見守りながら、パネル脇にあるパンフレットを取って差し上げましょう。

お女子様はiPhone、お鞄で両手がいっぱいです。

ここからアナタはともに楽しむパートナーである前に、カメラマンとしての一面が求められます。

 

 

では、つぎ。

 


 


 

では、上を見上げてください。

キャンディのネオン看板がお出迎えしてくれます。

ここで注意!

お女子様は上の看板に夢中!

するとあなたが先にこの看板を見つけてしまいます。

 




 

しかし、「本物なんだってさー。」なんて心無い言葉は厳禁!!

 

 

お女子様に「看板本物なんだって?ねぇ分かった?」を言わせてあげましょう。

時にイニシアチブをお渡しするのも、紳士の嗜みです。

 

 

ちなみに、このキャンディの看板なんですが、ぶっちゃけよく見ても飴かプラスチックかは分かりません。

きっと大半の人が分からないから、看板を出しているので分からなくてもそこは問題ありません。

大切なことは、それを見た感想

 

 

「飴かプラスチックか分かんないくらい良くできてるね。」

なんて現実的かつ、造形や技術を褒める奴はお門違い。

お女子様の事、何1つわかっちゃいません。

 

 

正解は、

えー!本物なの?すごいね。おいしそうー。お腹すいてきちゃったなー。

です。

 

 

では、つぎ。

 

 



 

ネオン看板を過ぎると、大きな「SWEETS by NAKED」のロゴが。

最新のプロジェクションマッピングで彩られ、様々なお菓子が飾られている、「私、SWEETS by NAKEDに来ました!」をアッピールするにはピッタリの撮影スポットの1つです。

 

 

わかりますよ。

入口の看板で撮ったじゃん。って思ってますよね?

全然違います。



なにがどう違うのか?あなたが理解する必要はありません。

しかし、普段どんぶり飯しか食べないアナタに分かりやすく説明するならば、かつ丼と海鮮丼くらいの違いはあります、ただ1言。

 

 

「こっちでも撮ろうか?」

とお女子様をお気遣いください。

 

 

では、つぎ。

 

 



 

ロゴの撮影を終えると、人影を感知して降ってくるビーンズが飛び跳ねる展示が。

お女子様は恥ずかしがり屋、率先してビーンズを跳ねさせ、お女子様がお戯れなさりやすい空気作りに努めましょう。

 

 



 

わーすごいね。」くらいがいいでしょう。

 

お女子様は、別にあなたの楽しんでる姿を見たいわけではありません。

男子のテンション上げ過ぎは「キモイ」です。

慌てず、騒がず、楽しみます。

お女子様がひとしきりビーンズを跳ね上げたのを確認して終了です。

 

 

では、つぎ。

 


 


 

20分に1度、メインオブジェが暗くなり、ワーッと賑やかなプロジェクションマッピングが始まります。

これを初めから、終わりまでごゆっくり鑑賞いたいた結果、勝利はグッと近づいてきます。

 


 


 

その時が来るまで、電話ボックスや

 


 


 

ベンチに座り、その時を待ちましょう。

 

 

すると・・・

 


 

 

 

パーッと明るくなり、スタッフが話したりして、待ちに待った時が訪れます。

これを見終えた頃、お女子様はひとしきり撮影も終え少し飽きています。

結果、そろそろアナタとコミュニケーションを取ろうかなと思って頂けます。

 

 

そこで、すかさずWスイーツチケットの登場です。

チョコレートブースに行くと、お菓子もチョコも関係ない手品を披露されますが、これは快く反応しましょう。

これが後々生きてきます。

その後は中に案内され、突っ立てれば定員さんが盛り上げてくれるのも問題ありません。

 

 

しかし、アイスブースは要注意!

 


 


 

「バニラ」「ストロベアリー」「サティス・ファイ・マイ・ボウル」の3種類の味があるんですが、「ストロベアリー」と「サティス・ファイ・マイ・ボウル」はここだけでしか食べられないフレーバー。

 

 

当然、お女子様も「ストロベアリー」「サティス・ファイ・マイ・ボウル」で悩まれると予想されます。

 

「んーーーー。」

と、首を左右に動かし、

「ストロベアリーとサティス・ファイ・マイ・ボウル、、、どっちがいいかなぁ」

と、なかなか決まらないご様子のお女子様。

 

ここまで来たら、正解はもうお分かりですよね。

「じゃぁ、俺がストロベリーにするから、サティスなんとかってやつにしたら?」

 

 



 

バカヤロウ!そうじゃないだろ!

違うんです。偉そうな奴はクソです。

そもそも「ストロベリー」じゃありません。「ストロベアリー」です。

 

 

「俺ちょうど、ストロベアリー食べたかったら、サティスなんとかと2つ頼んで半分つづしない?」

 

 

これが正解です。

え、お女子様とアイスをシェア?そんな、おこがましい。。。禁止では?

そう思うのも無理はありません。

しかし大丈夫、お女子様はあなたの気遣いに気づき、この提案を受け入れてくださいます。




そう、お女子様は賢いのです。




さて、ここまでのエスコートで十分役目を果たしたあなたにご褒美が訪れます。

そう、2ショットです。

絶好の2ショットスペースが、「アイスブース」「チョコレートブース」の間に設置されています。

 

 



 

周囲の人にシャッターを頼もうとも、周りは女子、じょし、ジョシ!

お目当てのお女子様の目の前で、他の女性とおしゃべりするわけにはいきません。

 

 

と、右側を見ると先ほど手品を披露してくれたスタッフが。

そう、あのよくわからない手品にしっかり反応したあなただからこそ、彼も快く助けてくれるでしょう。

 

 

あとは、スムーズにカメラを渡し、無事2ショットゲット!

彼に丁寧にお礼をし、その場を後にします。

お女子様には「あの人すごくいい人だったね。」とお伝えしましょう。

彼を持ち上げた分、あなたのポイントが上昇する事をあなたは知らねばなりません。

いかがでしたのでしょうか?

 


 


 

え、このあとはどうすればいいのか?

ワンチャンないのかって?

いえいえ、もう大丈夫。

会場を後にし、表参道のイルミネーションが見えるところまで来たらこう伝えましょう。

 

 

「お菓子ばっかり見てたらお腹すいてきちゃったね?せっかくだし、なんか食べて帰る?」

それでは。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライターの紹介

やまだ
おもコンのリーダーです。
半分は街コン・合コンを中心に楽しく出会えるイベントレポートや、モテるために必要な事を調査します。残り半分は誰の役にも立たない、どーしょうもない記事を書いたりしています。

あなたの「ビビッ」と届けてください

【欲しいおもコン】-あなたの「ビビッ」と届けてください-

一通りイベント内容を見たけど「ビビッ」とくる街コン・合コンイベントがなかったというあなた。
是非、あなたの行ってみたい、やってみたい街コン・合コンを私たちに教えてください。
発案者はイベント実施の際、イベントに無料でご招待します。

イベントの提案応募はこちら