赤提灯の聖地!初デートに赤羽でまったり昼のみデートはアリかナシか後編

2016/12/15 22:59

カトウヨシアキ

コラム

こんにちは。
今回は前回に引き続き「吉田ルイ13世の赤羽酒場放浪記後編」をお送りします。

ウソです。

「初デートにまったり昼のみデートはありかなしか」

を検証するべく、前回の2件目の丸健水産さんを後にしてからの話になります。
前回の記事はコチラ


全国のおでんの聖地といってもよい、丸健水産さんで出汁割を楽しんで向かったのが「川栄」さん。



14:20  焼き鳥「川栄」へ


まだ、私たちにこの日最大の不幸が訪れようとは誰も思っていません・・・。

これまたまるます家さんを軸にピポット運動をするかのごとく、目と鼻の先に川栄さんがあります。
5メートル、3メートル・・・2メートル。
私たち3人は、意気揚々と焼き鳥の甘い醤油の香りを出汁の香りがまだ残っている鼻腔の奥に感じながら距離を縮めていきました・・・。






店頭で持ち帰りのお客さんをさばいているお姉さんに声をかける。

カ「3人なんですけど入れますか?」
姉「お昼は14時までなんですよ~」
カ「・・・。」

カトウはおもむろに携帯で時間を確認した。
14時22分・・・。
そう、あの出汁割の旨さにヤられて禁断の3杯目に手を出してしまったのが元凶だったのです!

改めてお伝えしましょう。
本日の目的は、赤羽の昼のみ聖地を巡礼して、如何に初デートデモ昼のみプランが充実した内容になるかを皆さまに伝えられるよう、5軒のハシゴは最低必須条件だったのです!

しかし、入れないものに駄々をこねても仕方ありません。
割と与えられた環境で最善のパフォーマンスを発揮することに定評があります。
目的地を究極の千ベロと名高い「いこい」に変更します。



14:35 いこい本店到着


一度駅を目指して一番商店街を戻り、これまた飲屋街に入り込むとすぐに目に入りました。

なんとも親しみやすい外観ですよ。



この字型のカウンターには、もぉなんと言えば良いのか、どこから現れた人々の集団なのか謎すぎる光景が目の前に広がります。

ぱっと見店内が一杯なのでそとかな〜なんてお兄さんに聞くと店の奥のテーブルに通されました。

 

しっかーし、立ち飲みは立ち飲みなんですよ〜

予定では、座立座立座で5軒を巡ろうと思っていにも関わらず、2つ目の座が失われてしまったため2連立です。

そう、完全に出来上がっているデブのオヤジには実に厳しい戦況です。

 


14:50 梅サワー230円 小松菜にびたし150円 ほうれん草おひたし150円

 


とにかく価格が良心的

なにも気にかけずに千ベロ達成しちゃいます。

そして立石の串揚げ以来の喫煙者に優しいお店。





そう、喫煙者には風当たりの強すぎるこのご時世に灰皿は不要

床にポイ捨てしないとおじさんに怒られます・・・。

 


15:55 レモンサワー230円 ハムカツ160円 モツ煮込み110円



「え?何この値段」てな具合に、200円以上のメニューを探す方が難しいという神メニューです。

 もうこの時点で1人脱落し始めています。

3軒目なんですが立ち寝を披露し始めたため、別の座れるお店を目指します。

 


16:20 まるよし到着



先のいこい本店からはコチラも近い、歩いて1分というところでしょうか。

ちょ〜っと優しい味、キャベ玉を求めて駅前の「まるよし」へ到着です。

完璧に赤羽サークルを描いてゴールを迎えようとしています!

 


16:25 再び赤星600円 



5軒の巡礼を予定して4軒目ですが、いよいよペースが悪くなっています。

まるます家さんであんなにおいしかったビールが小麦色の苦汁に感じます。

そして、いこいで立ち寝を披露していた1人はこうなりました。





お店の方、申し訳ございません。

お昼の段階でこの方は夕方から浅草方面に行って「夜まで飲む!」

豪語していのは忘れます。

 


16:30 キャベ玉330円 煮込330円 カレーライス510円






なぜか頼んでしまったカレーライス・・・。

改めて自分がブーデーであることを感じさせられます。

2人ではもう食べきれません。

 

「そろそろ時間よ〜」なんてお店のおばちゃんに言われてします。

そりゃそうです。酒も飲まず飯も食わず寝ているおじさんが1人居るんんですから。

 

最終的には眠りから蘇りし戦士が全てを平らげてくれましたとさ。

 


17:30 4軒目で赤羽の聖地巡礼終了 アリかナシか!



後半はグダグダすぎてレポートできる内容なんてありません。

わかっています。

しかーし!結論は出ましたよ。今回の検証テーマ、

 

「初デートにまったり昼のみデートはありかなしか」

 

私の出した結論は・・・

 

 

 

アリ

 

 

 

です。

 

ただし、以下の条件付です。

 

「お酒好きの相手に限る」

 

それだけ?と思われる方が多いかと思いますが、条件は「お酒が好きなこと」のみです。

六本木とか表参道のレイキーなチャンネーチャンニーでも大丈夫です。

高級志向の相手でも俗世を垣間見ることの楽しみがあり、下町のチャキチャキっ子なら

尚更、赤羽は庭みたいなもんです。そう、東京の裏庭みたいなもんです。

楽しくならない訳がない!

 

みなさん結論です。

 

「初デートに赤羽でまったり昼のみデートはアリ」

 

ま、誰と一緒に行くかが肝心ですけど。

 

3軒目「いこい 本店」さん 

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13136693/

4軒目「まるよし」さん

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13026666/

 

赤羽巡礼合計金額一人当たり4640円。

一軒あたり1160円。あざす。

 

 ここからおもコンの広告です!

4軒、5軒のハシゴじゃ生ぬるいという方へ

おもコンはそんな無類の酒好き、出会い好きのために用意しています。

コチラ!「12時間耐久コン


 


ひたすら合コンしていただきます!


書いたひと

カトウヨシアキ  
彼氏にしたくない条件ベスト3、「チビ」「デブ」の2タイトルを既に獲得している2冠王。 おもコンクリエーターとして、自分の好きなことを無理やり合コンや街コンに絡めて記事を掲載していきます。

利用規約 特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー
お問い合わせ 会社概要

Copyright © 東京のおもしろ街コン・合コン発掘サイト おもコン All Rights Reserved