クラウドファンディング結果と感想。~渋谷deのび太100人を終えて~

2016/11/21 16:50

やまだ

コラム

みなさん、こんにちは。クラウドファウンダー山田です。

先日、ひっそりとクラウドファンディングに挑戦してみました。

プロジェクト名は「ハロウィンの夜にのび太100人で集まりたい。」その掲載した感想と結果をご報告!

 


クラウドファンディングってなにそれ?おいしいの?って方は前回のブログをどうぞ!


 

 

【どんなプロジェクトを?】



CAMPFIREで「ハロウィンの夜にのび太100人で集まりたい」というプロジェクトを立ち上げました。

 

目標金額は5万円。

その5万円の使い道は「どら焼き」と「お茶」を購入して、イベント参加者に配りたい!

といった、とってもおもしろいプロジェクトでした。【詳しくはこちら

 

 


【なぜ、キャンプファイヤーを選んだのか?】



キャンプファイヤーを選んだ理由は、代表の家入さんが「審査は厳しくない」「高額プロジェクト1つより、少額のプロジェクトが100個あるプラットフォームに」的な発言を、どっかのイベントで話していたから、


「違法なプロジェクトじゃなければ掲載されるんじゃなかろうか?」


とか


「少額のプロジェクトでも成功するんじゃない?」

と安易に思ったから。



また、キャンプファイヤーで掲載されている他のプロジェクトも、個人的な目的のために資金提供を受けているプロジェクトが多くあり、他のプラットフォームに比べて「ネタ」っぽい物も許容されている印象で、プロジェクト掲載にあたって「おもコンが認知されたらいいなぁー」という希望的観測も込め、いざ!プロジェクト公開!




となったわけですが。。。




【そんで結果は?】

 


3の支援者 19000円の支援金のご協力を頂きました!

3名の方には深くお礼申し上げます。

Tシャツ送るから待っててね!

 

 

しかし!プロジェクトの内容を見てくれたのは、基本的には友人・知人の閲覧がほとんど、、、

プロジェクト内容がつまらんからだ!」と言われるとぐうの音も出ませんが、認知という点においては希望していた結果は得られませんでした。。。



 

【クラウドファンディングを終えて。。。】



今回、クラウドファンディングをしてみて思ったこと!



それは、、、、

 

 

 

 

 

もうやりたくない!(もうやらないとは言ってない。)

 

 

 

 

実行したことは後悔していなくて、やってよかったですが、、、もうやりたくない!



なぜか?

個人的にクラウドファンディングのここが嫌だ!

 

 

 

その1.準備が大変。

クラウドファンディングって端的に言うと、「○○したい!だからお金ちょうだい!」な訳です。

友人含め、知らない人にもお金を出してもらおうと思ったら、そりゃ適当に準備したら集まらないので、頑張って準備をします。

動画を作ったり、文章書いたり、写真を用意したり、リターンを考えたりと、、、想定より、かなり時間を取られてしましました。

 

 

目標金額が少額だった事もあり、「手間のわりに、、、これだったら他の事したいなぁ~」という雑念も湧いてくる始末。。。

さらに掲載後、自社サイトへアクセスがなかった事で完全にモチベーションダウン(笑)

 

 

自分のプロジェクトがインターネット上に掲載されて、だれにも相手にされていないところが人様(友人を中心に)の目に晒される訳ですから、ある種公開処刑と言ってもいいでしょう。

 

 

 

その2.伝え方を考えすぎて、やりたい事との間にギャップが。

今回、初めてのプロジェクトと言う事もあって、大きく目標金額より伸びているプロジェクトの傾向把握を行いました。

 

 

傾向として「共感性が高い」「場所・ものを一緒に作る」「発信者の認知度が高い」など、いくつかのポイントがあり、プジェクトの見せ方を工夫しようと思いました。

 

 

おもコンも「社会性」「業界の水準向上」など、こじつけも入れた方がいいのではないか?などの雑念が。

結果、時間を大幅に使い「イベントがしたいのか?」「おもコンを宣伝したいのか?」何が言いたいのかよくわからない、謎のプロジェクトが完成することに。

 

 

 

その3.友人や知り合いに宣伝しなきゃいけない。

これが1番やりたくない!と思った理由で、友人や知り合って間もない方などに支援のお願いをする事への抵抗感が強かったです。

プロジェクトの内容に問題があるからじゃないのか?」という指摘も頂きましたが、そんなこともない!と思っているので、「またやりたいか?」と聞かれると。。。



以上が今回「ハロウィンの夜にのび太100人で集まりたい。」を行った結果と感想です。

 

 

 

【とは言え、クラウドファンディングは素晴らしいサービス】



資金調達だけでなく、サービスや商品化前に反応を知る、受注生産のような形で販売形態をとれるなど、クラウドファンディングならではのメリットは多く、素晴らしいサービスであることは間違いありません。

明日は、「失敗から学んだプロジェクトを成功させるコツ」を大公開!


 

みなさんのプロジェクト成功を心よりお祈り申し上げます。

それではー。


書いたひと

やまだ  
おもコンのリーダーです。
半分は街コン・合コンを中心に楽しく出会えるイベントレポートや、モテるために必要な事を調査します。残り半分は誰の役にも立たない、どーしょうもない記事を書いたりしています。

利用規約 特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー
お問い合わせ 会社概要

Copyright © 東京のおもしろ街コン・合コン発掘サイト おもコン All Rights Reserved