恋の争奪戦に巻き込まれて、本心を見失わないための4つポイント

よみもの恋の争奪戦に巻き込まれて、本心を見失わないための4つポイント

掲載日:2017/04/24 16:10

恋の争奪戦に巻き込まれて、本心を見失わないための4つポイント

恋愛中に恋のライバル出現!?

マンガの中の話だと思っていたけど、自分がそんな立場になるなんて・・・

そんな風に困った事はありませんか?

 


女の敵は女と言う言葉もあるように、ライバルの存在はとても気になります。

しかし、恋愛は戦場ではありません。

オトコ争奪戦に巻き込まれないよう、恋敵が現れた時に気を付けたいことをお伝えします!

 

 

 

1.「彼のことが好き」という気持ちを見失わない


 

始めは彼のことが好きで、両想いになりたい・お付き合いしたいと思っていたのに、恋敵と争っているうちに、気づけば好きより負けたくない気持ちが買っていることがあります。

そんな恋愛なら辞めちゃいましょう。

恋愛は相手に恋をすることから始まるのです。

ライバルの女性に勝つために恋愛してはいけません。

もし、彼女になってもその恋愛は長くは続かないでしょう。

純粋に彼のことが好きだという気持ちを、見失わずに大切にしましょう。

 


 

2. 忘れてはダメ「恋愛は彼とあなたの間にある」


 

あなたの恋愛スタンスって、どういうものですか?

ゆっくりデートを重ねて、時間をかけて仲良くなっていくタイプですか?

それとも、フェロモン満開で小悪魔風に男性に近づくタイプですか?

恋愛は、彼とあなたの間にあります。

女の敵の存在に惑わされずに、あなたは「あなたの恋愛スタンス」を貫いてくださいね。


 

ライバルに彼を取られたくなくて、自分のペースを崩し、強引に色仕掛けで迫って失敗・・・。

ライバルの出現に焦る気持ちも分かります。

しかし、ライバルに彼を取られたくないがために、強引に恋愛を進めていこうと思っているのならやめておきましょう。

恋愛は、彼のペースに合わせることは大切ですが、女の敵のペースに合わせる必要はありません。

恋愛は、彼とあなたの間にある気持ちだということを忘れずに行動してくださいね。

 


 

3.「その恋を実らせるため」に努力する


 

恋をすると、彼から「キレイな女性だな」「カワイイ子だな」と思われたくて、あなたは自分磨きを頑張るでしょう。

彼の好みの女性をリサーチしたり、イメチェンしてみたり・・。 

その努力は、恋を実らせるためだということを忘れないようにしてくださいね!

 


恋のライバルがいると、なんのために努力するかを忘れてしまうときがあります。

本来なら、彼好みの女性になるために頑張るのに、「ライバルよりきれいになる」「ライバルよりかわいく思われたい」ために努力してしまうことがあります。

 


ライバルはライバル、あなたはあなたです。



意識し過ぎてしまうと、「目標はライバルに勝つこと」になってしまい、気が付かないうちに、オシャレも何もかもライバルの真似をしてしまうかも知れません。

真似っこではなく、あなた自身が輝けるように頑張ってください。 


 

 

4.女の敵から「売られたケンカ」は買わない


 

女の敵のペースに巻き込まれ、恋愛の争奪戦に参加するのはやめましょう。

恋のライバルがいると、相手の女性から挑発的な態度で接してこられたり、邪魔をされたり悪口を言われる可能性があります。

でも、もしケンカを売られたとしても、スルーしてあなたは自分のペースを守ってください!

 


だって、女性同士が罵り合っている姿はすごく醜くて、周りから見ていても引いてしまいます。

本人は、「初めにケンカを売ってきたのはあっちだ!」と思っても、周りからしてみれば一緒なんです。

あなたは絶対に、ライバルからケンカを吹っ掛けられても、相手にしてはいけません。

相手にした時点で、あなたもその争奪戦に参加したことになります。

 


彼に、女の敵のつげ口をしてもダメですよ!

たとえ、本当のことを言ったとしても、悪口に取られてしまう可能性があります。

男性は、女性が思っている以上に悪口を嫌います。

女性がただのウワサ話のつもりでしている会話も、男性からしてみれば悪口になるんですよ。



もちろん、自分からケンカをふっかけるなんて、もっての他です!

彼との恋愛なのに、女性同士がゴチャゴチャやっていても意味がありません。

ケンカを売ったり買ったりせずに、彼との恋愛を楽しむようにしてください。

 

 


ライバルを意識せず、彼だけを見据えて!


 

オトコ争奪戦に巻き込まれないため気を付けたいコトをお伝えしました。

恋のライバルはとても気になる存在だと思います。

 でも、あなたは敵の女性に惑わされずに、彼への気持ちを大切にしてくださいね。

人を好きになることって、巡り合わせなので、望んでもなかなかやってこないのです。

今の素敵な状況を、大切にしてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ライターの紹介

じょう。
関西出身なのに、流れに流れて、気が付けば鹿児島在住。
ジッとしているより動いたほうがイイと思っているので、街コン・合コンLifeに賛成です。
恋愛大好き人間が、長年ホステスをしていて勉強になったこと、恋愛ついてをつぶやきます。

あなたの「ビビッ」と届けてください

【欲しいおもコン】-あなたの「ビビッ」と届けてください-

一通りイベント内容を見たけど「ビビッ」とくる街コン・合コンイベントがなかったというあなた。
是非、あなたの行ってみたい、やってみたい街コン・合コンを私たちに教えてください。
発案者はイベント実施の際、イベントに無料でご招待します。

イベントの提案応募はこちら